セタシジミ資源の回復・向上試験事業 、1.漁場における構造物設置効果把握試験 、(2)餌環境と利用物質の把握

セタシジミ資源の回復・向上試験事業 、1.漁場における構造物設置効果把握試験 、(2)餌環境と利用物質の把握

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26〜28
年度2013
概要[目的]琵琶湖北湖漁場に構造物を設置し、湖底の流れに変化を生じさせることにより、天然の生産力を活用して稚貝の生残、成長に有効な好適環境を作り出す技術を開発する。
、[内容]構造物設置による餌環境の変化を把握するため、安定同位体比分析を用いた構造物周辺の餌環境とセタシジミ利用状況の把握。
研究分担京都大学
、栽培技術担当
予算区分県単
、委託(大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208601
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat