人為的な生息地撹乱がもたらすシカ被害強度変動パターンの解明

人為的な生息地撹乱がもたらすシカ被害強度変動パターンの解明

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H26
年度2013
概要本研究では、農地や植林地という人為撹乱環境の存在が自然林におけるシカの採食行動に与える影響を把握し、シカ1頭あたりの被害強度を変動させる要因を解明することを目的とする。大阪府北摂地域を対象として、自然植生への被害強度に対して、1)シカの生息密度、2)行動圏内に含まれる農地面積及び植林地面積、3)農作物及び植林樹種への餌資源としての依存度、の3つがそれぞれどのように影響するのかを解析する。
研究分担環境研究部 みどり環境G
予算区分公的受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208758
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat