特産花きの省エネルギー開花調節技術の確立

特産花きの省エネルギー開花調節技術の確立

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H24
年度2013
概要需要日に合わせた開花調節技術や冬季の採花期延長のための技術開発が求められている。一方で、燃料費の高騰や電力消費の抑制など社会情勢の変化から、開花調節に有効な電照栽培では白熱電球にかわる新しい光源へのニーズが高まるなど、省エネルギー型の開花調節技術の開発が急がれている。本研究では、電照の必要性がある品目で最適かつ普及性の高い光源を探索するとともに、低コストで導入が容易な開花調節技術を統合し、採花期拡大技術を体系化する。
研究分担環境研究部 みどり環境G
予算区分運営費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208759
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat