乳牛、鶏におけるエコフィード利用による低コストな飼養管理技術の検討

乳牛、鶏におけるエコフィード利用による低コストな飼養管理技術の検討

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H25
年度2013
概要 家畜飼料の自給率向上に向けては、国内の食品工場副産物を活用して飼料化を推進することが重要である。食品工場副産物は水分含量が高いため、脱水・混合・乳酸菌添加・脱気・密閉により、高品質・コンパクトな牛用発酵飼料として流通拡大を検討している。本課題では、年間を通して安定した品質とするために、季節による脱気シール後の発酵条件の最適化を検討するとともに、牛を用いて嗜好性を確認する。
研究分担環境研究部 飼養環境G
予算区分民間受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208768
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat