肉豚及び肉用鶏への飼料用米多給技術の開発

肉豚及び肉用鶏への飼料用米多給技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:飼料用米を輸入トウモロコシの代替として肉豚と肉用鶏に多給し、発育、と体品質及び肉質への影響を調査して、飼料用米多給技術を開発する。
、成果:
、・肉豚に肥育前期から粉砕籾米・粉砕玄米を配合飼料中のトウモロコシと100%まで代替給与しても、発育やと体成績、肉質成績に悪影響を及ぼさない。脂質が改善され、飼料費が低減できた。
、・ブロイラーの肥育後期の飼料中のトウモロコシを100%全粒玄米で代替しても生産性や肉質に悪影響を及ぼさない。脂質が改善され、飼料費が低減できた。
、・ブロイラーに初生時から全粒籾米・全粒玄米を配合飼料中のトウモロコシと100%まで代替給与しても、発育やと体成績、肉質成績に悪影響を及ぼさない。飼料費が低減できた。
研究分担畜産技術センター家畜部
予算区分県単
業績(1)飼料用全粒籾の給与割合がブロイラーの生産性に及ぼす影響
(2)飼料用米の給与割合の違いが肥育豚の発育、肉質及び経済性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat