高泌乳牛の第一胃内環境を最適化する飼料調整法・給与方法の開発

高泌乳牛の第一胃内環境を最適化する飼料調整法・給与方法の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要目的:高泌乳牛の飼養管理で問題となる潜在性ルーメンアシドーシスを予防し、生涯生産性を向上させるため、第一胃内環境を最適化する飼養技術を開発する。
、内容:
、(1)混合給与法(TMR)での粗飼料構 成と濃厚飼料割合及び物理性状が第一胃内環境に及ぼす影響の解明
、(2)分離給与法での粗飼料の種類と濃厚飼料を給与するまでの間隔が第一胃内環境に及ぼす影響の解明
、(3) 最適条件での飼養管理が乳生産性、繁殖性及び疾病予防に及ぼす効果の検証
研究分担淡路農業センター畜産部
予算区分県単
業績(1)分離給与飼養・泌乳牛のルーメン発酵に及ぼす給餌スケジュールの影響
(2)TMRに混合する乾草と切断長が泌乳牛の第一胃発酵に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030208940
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat