エンドウの長期安定増収技術の開発

エンドウの長期安定増収技術の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農業試験場暖地園芸センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27年
年度2013
概要[内容]
、 県のエンドウ産地では、収益性向上、労力軽減が求められている。そこで、主にハウス栽培を対象に、養分の吸収・体内動態や着莢メカニズム等の生理生態を明らかにし、長期安定増収栽培技術を構築する。
、[結果の概要]
、1)‘きしゅうすい’では、展開葉の約7〜8節上位で花芽の形成が始まっていることを確認した。
、2)開花促進のための電照において、慣行の終夜照射と比べて深夜3時間の暗期中断で初期の双莢率が高まった。
、3)花芽分化後の日長条件を、電照時間で比較した結果、分化後は日長による着莢数への影響が少ないことがわかった。
、4)花芽分化〜開花期の窒素施用量が少ないと、中段以降の双莢率が減少することを明らかにした。
、5)栽植密度について、ツル本数10、20、30本/mで比較した結果、本数が少ないほど双莢率が高まった。面積あたりの収穫莢数は本数が多いほど増加したが、L莢率および1莢重は、本数が多いほど低下し、総収量は30本/mで少なく、10本および20本/mでは顕著な差は認められなかった。またL莢率は10本/mで最も高くなった。
研究分担園芸部
予算区分県単
業績(1)大莢エンドウ夏まき年内どり作型における早生品種の選定と低コスト省力施肥技術
(2)実エンドウにおける着果負担と栽培温度および施肥量が葉色および着莢に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209104
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat