バイテクによるナガイモおよびラッキョウ新品種の育成 

バイテクによるナガイモおよびラッキョウ新品種の育成 

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H17〜26
年度2013
概要目的:砂丘地農業の再生・振興を目的として、省力栽培に適した高品質なナガイモ新品種およびラッキョウ新品種を育成・実用化し、鳥取オリジナル品種による産地のブランド化を目指す。

、成果:ナガイモについては、品種「ねばりっ娘」と形状及び粘りが同等で、萌芽率が高く種芋の育成が容易で、ねばりっ娘より食味がよい有望な1系統を選抜した。
、ラッキョウについては、乾腐病に強く、収量性が高く有望と思われる中玉系統を新たに4系統選抜した。
研究分担生物工学研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209170
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat