優良遺伝子を用いた新鳥取和牛の創造

優良遺伝子を用いた新鳥取和牛の創造

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜
年度2013
概要目的:市場価値の高い「鳥取和牛」の創造のため、産肉性や種牛性、うまみに関する遺伝子を探索し、種雄候補牛や優良雌牛の選抜に活用する。 成果:動物遺伝研と共同で、約2,500頭の黒毛和種牛肥育サンプルからゲノム育種価予測式を算出。後代検定を終了した種雄牛を用いて、その予測式の能力推定精度を検証。種雄牛の選抜に有用であることが示唆された。
研究分担育種改良研究室
予算区分県単
業績(1)優良遺伝子を用いた新鳥取和牛の創造
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209180
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat