低コスト畜舎臭気低減技術の開発

低コスト畜舎臭気低減技術の開発

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜H27
年度2013
概要目的:畜舎から発生する臭気は、効率的な脱臭方法が無いのに加えて、広範囲に広がり苦情につながりやすい。そこで、畜舎周囲の簡易な施設(ネット、水噴霧)を利用し効率的な運転・管理も併せた臭気低減技術を開発する。計画:ネット、水噴霧、換気扇等を用いた畜舎臭気低減効果を検討する。また、運転・管理方法を検討する。成果:畜舎換気扇の周囲に2重のネットを張り、そこに水噴霧した結果、アンモニアを80%以上除去できた。臭気指数としては、畜舎換気扇通過直前の20以上が通過直後で18未満に低下し、換気扇から5m離れると10未満となった。
研究分担環境・養鶏研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209194
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat