牛ウイルス性下痢・粘膜病の簡易抗原検出法の開発

牛ウイルス性下痢・粘膜病の簡易抗原検出法の開発

県名島根県
研究機関名島根県農林水産部食料安全推進課家畜病性鑑定室
課題種別試験研究課題
研究期間H24〜25
年度2013
概要目的:牛ウイルス性下痢・粘膜病ウイルス防疫のため、安価かつ短時間な検出手法であるラテックス凝集反応法を開発
、結果の概要:
、1.抗体の作製
、 多価家兎抗BVDV抗血清の作製
、2.ラテックス試薬の調整
、(1)ラテックス粒子へ吸着させる抗体の条件検討
、(2)ラテックス粒子の保護材の検討
、(3)ラテックス試薬の調整方法
、3.ラテックス凝集反応法の検討
、具体的成果:
、BVDVを検出するためのラテックス試薬を作製し、本試薬を用いたラテックス凝集反応法によるBVDV感染牛の摘発の可能性が示された。
、 
研究分担なし
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209275
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat