江の川における天然アユ再生による資源回復手法の開発

江の川における天然アユ再生による資源回復手法の開発

県名島根県
研究機関名島根県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜27
年度2013
概要江の川では、昭和期には平均300トンあったアユ漁獲量が、平成初期以降平均30トンに激減した。その原因を調べたところ、アユ親魚量の不足と産卵場環境の悪化が主たる原因であると考えられた。そこで、浜原ダムへのアユ遡上制限と禁漁による親魚の増加効果、さらに江の川で有効な造成による産卵場環境の改善手法を検討することで、天然アユ再生によるアユ資源の回復を目指す。
研究分担海洋資源科 内水面科
予算区分県単
業績(1)江の川におけるアユ資源管理技術開発
(2)2012年の江の川におけるアユ産卵場造成について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat