クマをはじめとする野生動物との軋轢軽減へ向けての地域一体となった取り組み

クマをはじめとする野生動物との軋轢軽減へ向けての地域一体となった取り組み

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H24〜28
年度2013
概要目的:ツキノワグマの出没や被害発生によって住民の安心した生活や営農活動が脅かされている益田市と浜田市に各1〜2か所のモデル地区を設定して、クマの被害対策をきっかけとした地域が一体となった獣害対策の取り組みの効果検証を行う。 
、計画:1)獣害対策へ向けての合意形成づくり 2)アンケート調査(被害状況、被害対策の状況、世帯構成等) 3)クマが出没しにくい集落の環境整備 4)集落内のカキ園の被害対策 5)広域電気柵の維持管理体制の再構築
研究分担鳥獣対策科
予算区分共同研究(WWFジャパン)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat