モモ新品種の育成

モモ新品種の育成

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(S56〜)
年度2013
概要1.交配、育苗、定植:「清水白桃、岡山モモ2号、岡山モモ6号、岡山モモ13号」等の2品種3系統を母本とした交配によって得られた448個の種子を胚培養した後に播種し、32組み合わせの238個体を温室内で育苗した。平成24年に交配育成した68個体について温室内で育苗し、42個体を圃j場に定植した。
、2.1次選抜:平成15〜20年に交配育成した137個体のうち134個体について1次選抜を行った。その結果、4系統を有望視して地方系統名を付し、83固体を淘汰した。
、3.2次選抜:平成16〜24年に地方系統名を付して複製個体を作成した8系統について2次選抜を行った。その結果、「岡山モモ11号、14号」の2系統を有望視し、新品種として品種登録出願申請することとした。また、「岡山モモ17号」をやや有望とし、「岡山モモ9号」は試験打切りとした。
研究分担果樹
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209353
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat