家畜ふん堆肥を原料とする新しい肥料の開発

家畜ふん堆肥を原料とする新しい肥料の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間平25〜27
年度2013
概要牛ふん堆肥または鶏ふん堆肥を主原料とするペレット状の混合堆肥複合肥料等の製造効率や肥料成分等の品質、保存性等を調査した。その結果、混合する化成肥料の比率が高くなると製造歩留まりが低下する傾向が認められた。特に、尿素を30%以上の比率で混合したものは加熱乾燥後に著しい膨化・固結が発生した。また、完成肥料を25℃で180日間保存しても、カビの発生や物理的・化学的な劣化等は認められず、造粒後の加熱乾燥(95℃、2時間以上)により十分な保存性が確保できたと推察された。
研究分担飼養技術研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209425
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat