主要花きの高温障害をヒートポンプによる短時間変温管理で解消

主要花きの高温障害をヒートポンプによる短時間変温管理で解消

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要夏秋ギク型輪ギク「岩の白扇」の9月中旬開花作型(電照栽培)において,暗期中断終了日以降に,処理温度を21℃として日没後4時間(EOD),日の出前4時間(EON),あるいは終夜の冷房処理を行った。その結果,なりゆきの温度管理と比較して,EOD処理における花首長は有意に小さく,花径および最大舌状花長は有意に大きくなったことから有効と判断した。
研究分担栽培研究部
予算区分受託
、(農水省)
業績(1)暗期の冷房がバラの花茎径変化に及ぼす影響
(2)給水種子湿潤低温処理と短時間の夜間冷房温度がトルコギキョウ‘キングオブスノー’の生育に及ぼす影響
(3)夏期高温環境下における夜間冷房温度がミニシクラメンの生育に及ぼす影響
(4)高温期における短時間の夜間冷房が夏秋ギク‘岩の白扇’の生育および開花に及ぼす影響
(5)高温期における暗期の冷房時間帯がバラの開花に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209491
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat