画期的WCS用稲「たちすずか」の特性を活かした微細断収穫調製・給与体系の開発実証

画期的WCS用稲「たちすずか」の特性を活かした微細断収穫調製・給与体系の開発実証

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜H27
年度2013
概要目的:優れた飼料特性をもつWCS 用稲「たちすずか」の特性を最大限に引き出す微細断技術を組み合わせた、効率的な収穫調製・給与体系を確立する。

、成果:理論切断長6mm,11mmおよび19mmの「たちすずか」WCSを用いた1) 乾物1kgあたりの採食時間および総そしゃく時間(RVI)2)可溶無窒素物および粗繊維の消化率と可消化養分総量(TDN)3)不消化子実発生率を調査した。結果,1)は6mm区が短かく,2)は6mm区が小さかく,3)は6mm区が大きかった。以上の結果により、理論切断長6mmは栄養価の低下が懸念された。
研究分担飼養技術研究部
予算区分受託(農水省)
業績(1)「たちすずか」の飼料特性と乳牛への給与
(2)「たちすずか」WCSの給与技術
(3)酪農経営における「たちすずか」WCSの給与実証と自給粗飼料型TMRセンターを介した本格利用への展開
(4)「たちすずか」の飼料特性と乳牛への給与給与による乳用牛への影響
(5)「たちすずか」、「たちあやか」の品種特性と利用について
(6)「たちすずか」の飼料特性・給与技術について
(7)微細断収穫調製した極短穂型イネWCSが牛のそしゃく行動と消化に及ぼす影響
(8)極短穂型飼料用イネの栄養特性と給与技術に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209503
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat