スギ・ヒノキ花粉症対策品種の増殖に関する調査

スギ・ヒノキ花粉症対策品種の増殖に関する調査

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜
年度2013
概要[目的]
、 スギやヒノキの花粉症対策品種に関しては,センター圃場への確保(追加・補植)を継続して実施しているが,県内への普及に当たっては,これらの品種の発根率を明らかにする必要がある。
、[研究の内容及び成果]
、 これまでは,比較的小型の採穂台木から大量の苗木を確保するために,10cm程度の小型の穂木を用いて挿し木を実施してきた。しかし,発根後の生育が通常の苗木に比べて著しく劣っていたことから,今年度は30cmの大型の穂木を用いて挿し木を実施した。3品種の7個体から採穂し,オキシベロン原液で発根促進処理後,苗畑の黒ボク土壌に挿し付け,寒冷紗で被覆して育苗管理した。なお,今年度は9月に挿し付けたので(秋差し),発根状況の観察は来年度実施する。
研究分担技術支援部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat