「山田錦」の形質特性調査

「山田錦」の形質特性調査

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H1-
年度2013
概要目的 
、 「山田錦」の原々種、原種を選抜する。
、方法
、 山口市八坂の現地圃場(6a)で、「山田錦」の中苗を6月12日(栽植密度22.2株/m2)に1株1本で手植えした。施肥は窒素成分で基肥1.6kg/10a、穂肥2.8kg/10a(2回分)を施用した。選抜指標は草型、出穂期、成熟期、病虫害の多少、品質等とした。
、結果異品種・異型株や問題となる病害虫の発生は認められなかった。成熟期に250株を抜き取り、穂揃いの良い181株で品質調査を行い、心白の発現が良好な75個体(系統)を選抜し、原々種周辺の約3a程度を原種とした。
研究分担土地利用
予算区分「受託」及び「委託」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209560
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat