ピーマンの立枯症状の原因解明と早期診断技術の確立

ピーマンの立枯症状の原因解明と早期診断技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-26
年度2013
概要目的
、山口市では露地および施設においてピーマンが栽培されているが、近年原因不明の立枯症状による被害が多発し問題になっている。立枯症状の原因を解明するとともに、立枯症状が発生した場合、迅速に対応・対策が講じられるための早期診断技術を確立する。
、期待される成果
、(1)耕種概要に基づく発生状況を栽培地域・ほ場ごとにマッピングし、発生原因を解明する。
、(2)ピーマン土壌病害の診断技術として、簡易・高度技術による早期診断技術を確立する。
研究分担資源・野菜・技指
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209597
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat