次世代キウイフルーツ栽培を担う高機能性台木および高度利用技術の開発 、2 高度利用技術の開発 、(1) 根域活性化のための土壌改善技術

次世代キウイフルーツ栽培を担う高機能性台木および高度利用技術の開発 、2 高度利用技術の開発 、(1) 根域活性化のための土壌改善技術

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H25
年度2013
概要目的:キウイフルーツは浅根性になりやすく、土壌水分の影響を強く受ける。また、高樹齢樹の改植にともない、土壌病害、連作障害対策に有効な台木の開発が切望されている。そこで、高機能性台木として有望なシマサルナシ(Actinidia rufa)の耐病、耐ストレス機能を評価する。加えて、台木を有効利用できる栽培技術を確立する。
、成果:水田転換園における排水性向上のために暗渠処理や高畝処理を行った。暗渠処理では、A.rufa台木で落葉や葉焼けが少なくなり、幹の太りはやや劣るが樹冠拡大は早く、1果重及び糖度が高くなった。一方、高畝処理では、収量が少なく、貯蔵性が悪くなることを確認した。
研究分担府中果樹研究所
予算区分受託(農水省)
業績(1)シマサルナシを台木としたキウイフルーツ‘さぬきゴールド’の特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209895
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat