遊休ハウスの効率的補強による雨よけ完熟ミカン栽培体系の確立 、1 技術の体系化と栽培マニュアルの策定

遊休ハウスの効率的補強による雨よけ完熟ミカン栽培体系の確立 、1 技術の体系化と栽培マニュアルの策定

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H25
年度2013
概要目的:遊休ハウスの低コストで効率的な補強技術および補強ハウス内における「越冬完熟ミカン」の高品質連年果実生産と省力化技術を解明し、雨よけ完熟ミカン新作型を確立する。
、成果:後期重点摘果(葉果比40区、30区)の現地試験において高品質果実の連年生産が可能であることを確認するとともに、これまでの研究で得られた成果をとりまとめて栽培マニュアル(名称:早生ウンシュウ「雨よけ完熟」栽培マニュアル)を策定した。
研究分担府中果樹研究所
予算区分受託(農水省)
業績(1)越冬完熟ミカン栽培における既存パイプハウスの強度簡易診断と補強方法について
(2)雨よけ完熟ミカン栽培における既存パイプハウスの補強方法について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209896
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat