次世代型土壌病害診断・対策支援技術の開発

次世代型土壌病害診断・対策支援技術の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜H27
年度2013
概要目的:土壌病害防除等に広く利用されてきた臭化メチルが全廃となり、代替くん蒸剤や防除技術が開発されている。しかし、それらを用いた防除の要否判断のための診断基準が確立しておらず、結果的に防除が過剰に行われている事例が現場で起きており、総合的病害虫・雑草管理(IPM)の概念を取り入れた適切な土壌病害診断技術が必要となっている。そこで、本課題では土壌病害に対する標準的な診断・対策支援技術の開発を行う。
、成果:診断項目の検証を行うために、聞き取り調査に基づいてレタスビッグベイン病の発病程度が多段階となるような圃場を25圃場選定し、発病程度、土壌理化学性等を調査したところ、pHが高くなると発病度が高くなる傾向があった。
、また、リアルタイムPCR法によるウイルス濃度を測定するための方法を検討した。
研究分担生産環境部門
予算区分受託(農水省)
業績(1)香川県におけるブロッコリー根こぶ病に対するHeSoDiMの事例
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat