主要園芸作物の原種養成 、1 花き優良種苗の養成

主要園芸作物の原種養成 、1 花き優良種苗の養成

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S62〜
年度2013
概要目的:主要な園芸作物の生産安定化のため、県育成品種や導入した有望品種について、組織培養技術などを利用してウイルスフリー化を図り、原々種や原種の養成・増殖を行い優良種苗の安定供給を行う。
、成果:組織培養技術などを利用し、花き4品目の優良種苗を養成した。
、1)カーネーションは、県育成品種「ミニティアラピンク」など5品種について、原々種50株、原種100本を養成した。
、2)マーガレットは、在来系統など3系統について、原々種500株、原種8,000本を養成した。
、3)キクは、秋ギク「美吉野」など3品種について原種850本を養成した。
、4)ラナンキュラスは、県育成品種「小春てまり」など6品種について原種2,500球を養成した。
研究分担園芸総合センター
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030209980
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat