広域連携型農業研究開発事業 、(8)「モロ」の新たな加工利用技術開発と減農薬栽培体系確立

広域連携型農業研究開発事業 、(8)「モロ」の新たな加工利用技術開発と減農薬栽培体系確立

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所果樹研究センターみかん研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25
年度2013
概要目的:「モロ」の加工利用に最適な酵素剥皮技術を開発し、果肉丸ごとを使った新たな加工品を創造する。また、安全・安心の付加価値を高めるために、減農薬防除体系を確立する。 成果:天然由来の酵素を利用して、剥皮性の悪いブラッドオレンジをきれいに剥く技術を開発した。化学農薬使用回数を通常の30%以上削減して栽培した結果、付加価値の高い果実生産が期待された
研究分担果樹研究センターみかん研究所(育種栽培室)
予算区分受託(財団法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat