既存型ハウスでの電照および炭酸ガス施用によるニラの増収技術の確立

既存型ハウスでの電照および炭酸ガス施用によるニラの増収技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:既存型ハウスでの電照および炭酸ガス施用によるニラの増収技術を確立する。
、成果:電球型蛍光灯での暗期中断と日長延長により草丈と分げつ数が多くなり、収穫日が早まった。
研究分担営農システム担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210175
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat