ブルーベリーのシアナミド処理による熟期促進技術

ブルーベリーのシアナミド処理による熟期促進技術

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:無加温栽培における安定した4月出荷のためにシアナミド液剤の効果的な使用方法について検討し、ブルーベリーの登録拡大を目指す。 結果:シアナミド液剤の10倍、20倍、30倍の濃度別散布における花芽枯死率は、「エメラルド」、「フロリダスター」、「ミスティ」、「サファイア」のいずれの品種も10倍で最も高かった。

研究分担栽培育種
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210188
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat