過熱蒸気による環境にやさしい木材保存技術に関する研究

過熱蒸気による環境にやさしい木材保存技術に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2013
概要目的:ウッドデッキ等に国産材を利用する場合、比較的安価でノンケミカルな木材保存処理技術として、過熱蒸気を用いた熱処理が考えられるが、実用サイズのスギ材、ヒノキ材への処理効果に不明な点が残されており、また、事業化レベルの処理装置も外国産のものしかないため処理コストがかなり高くなっている。そこで、本研究では高知県産スギ、ヒノキ材の過熱蒸気処理の有効性を確認することで、県内機械メーカーによる装置開発を促進させる。
、成果:1)質量減少率3%以下(JIS1571)を防腐効果ありとした場合、スギ角材は9時間、板材は13時間処理を行うことで防腐効果が認められた。また、ヒノキ角材では5時間、板材は13時間処理を行うことで防腐効果が認められた。スギ材、ヒノキ材とも板材よりも角材の方が短時間の処理で防腐効果が認められた。原因としては、板材は辺材、角材は心材を使用したことが影響していると考えられる。2)シロアリの食害試験は設置後2年目のスギ材は角材、板材、杭の試験体において、過熱蒸気処理だけのものは、無処理と同程度にシロアリの食害を受けた。しかし、ヒノキ精油を塗布したものは、板材・杭は被害度は0で角材も被害度は少なかった。設置後1年目のヒノキ材は、角材、板材の試験体には、食害が認められなかったが、杭に試験体には食害が認められた。
研究分担資 源
、利用課
予算区分県 単
業績(1)高温処理による木材の耐久性の向上
(2)熱処理およびヒノキ精油塗布スギ材の耐久性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210216
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat