果実の流通・加工技術 、 1)カキの輸出を促進するための鮮度保持技術

果実の流通・加工技術 、 1)カキの輸出を促進するための鮮度保持技術

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜26
年度2013
概要目的:甘カキはタイで人気が高いが輸出期間が短いため輸出量が伸びない原因となっている。そこで、収穫時期が早い「太秋」の高品質輸出技術を確立し、輸出期間の拡大を図る。
、成果:カキ「太秋」はポリエチレンフィルムで密封個包装し、2℃で貯蔵すると品質を保持できることから輸出期間前進化の可能性が示唆された。
研究分担食品流通部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210290
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat