温暖化に対応した水稲安定生産技術 、1)温暖化における暖地水稲の水田輪作等、現地実態に適応した高品質安定生産技術の開発と実証

温暖化に対応した水稲安定生産技術 、1)温暖化における暖地水稲の水田輪作等、現地実態に適応した高品質安定生産技術の開発と実証

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2013
概要目的:高温に対応した水稲の理想型草型を提案し、初期成育が過剰となりやすい大豆跡や、収量および品質の低下が深刻な中晩生品種について高品質安定生産技術を確立する。
、成果:一回全量施肥栽培における収量および品質の改善効果の検討を継続する。
研究分担農産部
予算区分受託
、(農林水産省)
業績(1)Assimilate translocation and expression of sucrose transporter, OsSUT1, contribute to high-performance ripening under heat stress in the heat-tolerant rice cultivar Genkitsukushi.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210312
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat