イチゴ新品種の開発 、1)分子育種基盤構築におけるゲノミックセレクションの適用

イチゴ新品種の開発 、1)分子育種基盤構築におけるゲノミックセレクションの適用

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜28
年度2013
概要目的:遺伝子型選抜に効果があるゲノミックセレクション(GS)を適用し、複数形質を一挙に予測できる選抜モデルを構築する。 成果:GSモデルの構築に有効なIC2集団を育成し、更に精度の高い選抜モデル構築のための各形質の上位個体を選抜した。
研究分担野菜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210313
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat