畑作病害を抑制する高付加価値堆肥生産技術の確立

畑作病害を抑制する高付加価値堆肥生産技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:上場地域のタマネギでは、連作により乾腐病の発生が多く問題になっている。そこで、高温発酵菌を用いた堆肥を利用し、タマネギ乾腐病に対する拮抗菌密度を上昇させ、発病軽減を図る。 

、成果:1)タマネギ乾腐病菌に対して拮抗作用を有するBacillus属細菌(芽胞菌)が戻し堆肥処理で集積培養されることを明らかにした。
研究分担研究部
、畜産・果樹研究担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat