新農薬効果薬害受託試験

新農薬効果薬害受託試験

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間H10〜
年度2013
概要目的:新規開発農薬の効果を検証し,農薬登録の一助とするとともに,既登録薬剤を用いた防除技術の改善を図り,県の病害虫防除のてびきに反映させる。

、成果:
、1)ダイナモ顆粒水和剤2,000倍のタマネギべと病に対する効果は対照のリドミルゴールドMZ1,000倍に劣ると判断された。
、2)ベトファイター顆粒水和剤2,000倍のタマネギべと病に対する効果は対照のリドミルゴールドMZ水和剤1,000倍と同等であった。なお,本剤の発病を認めてからの短期集中散布の効果は高く,場合によってはこのような使用法も有効ではないかと考えられた。
、3)ジャストフィットフロアブル3,000倍のタマネギべと病に対する効果は対照のリドミルゴールドMZ水和剤1,000倍と同等であった。
、4)タマネギ乾腐病に対するトリフミン水和剤50倍および100倍の苗(セル成型トレイ)処理(セルトレイあたり0.5リットルかん注処理)は無処理区に比べて防除効果が認められたことから,実用性はあると判断された。
、5)タマネギ乾腐病に対するフロンサイドSC50倍および100倍の苗(セル成型トレイ)処理(セルトレイあたり0.5リットルかん注処理)は無処理区に比べて防除効果が認められたことから,実用性はあると判断された。
研究分担研究部
、畜産・果樹研究担当
予算区分受託
業績(1)Phytophthora palminora によるカンキツ褐色腐敗病
(2)カンキツ黒点病菌Diaporthe citriによる
、ハウスミカン結果枝(緑枝)の枯死症状(病徴追加)

(3)マンガンを指標としたマンゼブ簡易分析法の実用性評価−短期間の人工降雨処理条件下における付着量の推移−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210439
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat