露地野菜の新資材・品種適応性試験

露地野菜の新資材・品種適応性試験

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜
年度2013
概要目的:露地野菜の新しい肥料、品種、栽培法についての実用性を検討する。
、成果:
、夏播き冬どりタマネギの電照栽培試験において多収系統を選抜した。
、トリフルラリン粒剤(除草剤)は、透明マルチ被覆前処理でスズメノカタビラに対する高い防除効果を確認した。
研究分担白石分場
予算区分受託
、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210483
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat