抵抗性病害虫対策を中心とした果樹病害虫制御技術の構築

抵抗性病害虫対策を中心とした果樹病害虫制御技術の構築

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26年
年度2013
概要目的:現在生産現場で問題となっている果樹の薬剤抵抗性病害虫に対する有効な薬剤の検討及び防除体系の実証を行い、被害の防止を図って果樹の高品質・安定生産に寄与する。
、成果:カンキツ、ナシ、ブドウにおいて現在使用している薬剤について感受性検定試験をおこなった。その結果、殺ダニ剤、黒星病防除のDMI剤、べと病薬剤について感受性が低下している薬剤が認められた。
研究分担病害虫研究担当
予算区分国庫
業績(1)佐賀県におけるツヤアオカメムシの卵巣発達状況の季節的変化
(2)カンキツ褐色腐敗病の感染成立前後における保護殺菌剤および浸透移行性を有する殺菌剤の散布による発病抑制効果の違い
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210505
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat