中山間地域の茶業活性化に資する茶品種とその利用技術の開発

中山間地域の茶業活性化に資する茶品種とその利用技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県茶業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜
、25
年度2013
概要目的:中山間地域において軽トラックで運べ、傾斜地でも安全、低コストおよび一人で作業できる傾斜地対応型軽量管理機の地域実証試験を行う。
、成果:茶園における運転法と安全性調査の結果、機械移動時は枕地幅2.5m以上、刃反転側0.5m以上確保する必要がある。
、また、4ha規模の経営農家へ本装置を導入した場合、3.5〜5.1年で導入コストの回収が可能と推察された。
研究分担茶樹研究
予算区分県単
業績(1)軽トラックに積載できる軽量茶園管理機の開発(第1 報)試作機の改良および作業性調査」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210511
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat