有明海再生赤潮モニタリング委託事業

有明海再生赤潮モニタリング委託事業

県名佐賀県
研究機関名佐賀県有明水産振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間18-25
年度2013
概要目的:ノリの色落ちの原因種である珪藻プランクトン(アステリオネラ)の赤潮発生機構を解明する。 成果:アステリオネラ赤潮の発生時期および休眠期細胞の発芽特性が概ね把握できた。
研究分担ノリ研究担当
予算区分国委
業績(1)Growth-phase dependent variation in photosynthetic activity and cellular protein expression profile in the harmful raphidophyte Chattonella antiqua.
(2)有害珪藻Asteroplanus karianusの有明海佐賀県海域における出現動態と各種環境要因との関係
(3)摘採回数の異なるノリ葉体の厚さおよび自由水、含水率の変化
(4)採苗開始時の環境がノリ養殖の生産性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210564
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat