生涯生産性向上のための乳牛の精密管理技術の開発

生涯生産性向上のための乳牛の精密管理技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜H26
年度2013
概要目的:乳牛では、泌乳能力が飛躍的に向上した反面、繁殖性が年々低下し、生産性向上の障害となっている。その一つの要因として、分娩および泌乳開始に伴う酸化ストレスの増大がある。そこで、暑熱期に分娩した乳牛へ抗酸化物質を給与し、血中の酸化ストレス指標におよぼす影響等を調査した。
、成果:暑熱期の分娩前後の乳牛へ抗酸化物質であるアスタキサンチン給与の試験を行ったが、血中酸化ストレス指標への明確な給与効果は認められなかった。
研究分担畜産研究所 大家畜研究室
予算区分県単
業績(1)暑熱期の分娩前後の乳牛へのアスタキサンチン給与が血液性状・泌乳成績・繁殖成績に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210744
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat