いぐさ・畳表の生産量の向上と豚補助飼料への利用に対応したいぐさの品種開発

いぐさ・畳表の生産量の向上と豚補助飼料への利用に対応したいぐさの品種開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜H25
年度2013
概要耐暑性・畳表生産性が高い特性の系統を選抜し、「涼風」として品種登録申請を行った。また、沖縄向けの耐暑性の高い特性を持った系統を選抜した。さらに、畜産試験場等と連携し、豚等の飼料へのいぐさの活用について検討し、豚飼料量の0.05%のいぐさ粉末添加が嗜好性がよく、子豚の尾かじりの減少や肉質改善が見られた。また、抗酸化能等の機能性を持ったいぐさの選抜や農薬残留調査にも取り組んだ。
研究分担い業研究所 育種・栽培研究室、加工・機能性研究室
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)肥育豚へのいぐさ粉末添加が肉豚の生産性に及ぼす影響
(2)いぐさ粉末の添加時期と粉砕粒度の違いによる暑熱環境下の肉豚への影響
(3)枯死株が少なく生産性に優れるイグサ新品種「涼風」の育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210759
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat