ナシの発芽不良をもたらす樹体条件の解明と樹体管理改善による軽減技術の開発

ナシの発芽不良をもたらす樹体条件の解明と樹体管理改善による軽減技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2013
概要平成21年に西南暖地を中心にナシの発芽不良が多発したが、年によって発生の強さにムラがあり、数年後回復する樹があった。また、冬の気温、剪定程度、樹勢などの複数の要因が影響していることから、今回、初冬時期の高温、窒素の遅効きが影響してることを実証した。また、剪定方法、土壌改良などにより発芽不良発生軽減技術を検討している。
研究分担果樹研究所 落葉果樹研究室
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210781
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat