中山間地域を中心とした畦畔管理の省力・低コスト技術の開発

中山間地域を中心とした畦畔管理の省力・低コスト技術の開発

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2013
概要目的:水田畦畔法面の管理作業は、草刈など多大な労力を要し、特に中山間地においては畦畔率が高く、急斜面での作業となることから作業負担が大きく、危険な作業となっている。このため、被覆植物の選定や、除草作業を軽減するために法面の作業道設置技術が開発され、県内に適した畦畔管理技術の構築が求められている。
、成果:被覆効果の高い植物はセンチピートグラスであった。狭幅作業道造成用歩行型管理機で造成した作業道は、2年9か月経過しても機能を維持できた。
研究分担作物栽培チーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210851
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat