新農薬の適応性試験

新農薬の適応性試験

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S50〜
年度2013
概要 キュウリ褐斑病・うどんこ病、ピーマン黒枯病・うどんこ病等殺菌剤10剤、ピーマン、トマト、きゅうりのアブラムシ類、コナジラミ類、アザミウマ類殺虫剤13剤の薬効、薬害試験を実施し、農薬登録取得および効率的防除を推進した。 かんしょおよびサトイモの殺虫剤2剤(コガネムシ2剤)について薬効試験を実施し、農薬登録取得および効率的防除を推進した。
、 葉たばこに対し、新規薬剤XI-0601ODの2,000倍、および4,000倍の2回茎葉散布で、薬害の発生は認められなかった。(葉たばこ耕作資材試験-2倍量薬害試験)
、 殺菌剤6剤(いもち病2剤、紋枯病4剤)、殺虫剤3剤(ウンカ3剤、スクミリンゴガイ1剤)について薬効、薬害試験を実施し、農薬登録取得および効率的防除を推進した。
研究分担生物環境部
、茶業支場
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210972
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat