主力品種と次世代品種のマッチングによる新宮崎米生産技術の確立 、5)「夏の笑み」の収穫時期及び栽植密度が収量 ・品質に及ぼす影響 、

主力品種と次世代品種のマッチングによる新宮崎米生産技術の確立 、5)「夏の笑み」の収穫時期及び栽植密度が収量 ・品質に及ぼす影響 、

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要5)「夏の笑み」において、収穫時期が収量・品質に及ぼす影響について検討し、収量・品質及び食味がH均して安定する出穂後35〜40日程度が良いと考察された。
、 栽植密度については、密植が千粒重が低下し、低収になる傾向が見られるが、品質・食味への影響は見られなかった。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030210987
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat