みやざき地頭鶏種鶏群等の改良および生産効率改善試験

みやざき地頭鶏種鶏群等の改良および生産効率改善試験

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2013
概要 みやざき地頭鶏原種鶏群の改良を図るとともに、種鶏群の適正体重の推移表を作成する。 みやざき地頭鶏における飼料効率向上と悪癖による損耗防止を図るため、メチオニン添加給与について検討する。 成果:(1)地頭鶏において、H15群の平均体重は目標であるS60群に近い値になってきたが、MIX群については大きく劣る。(2)九州ロードにおいて、平均体重は世代が進むにつれ増加傾向にある。(3)適正体重検定において、一部の試験区で飼養効率が良い傾向が見られた。(4)メチオニン添加における損耗防止は確認できなかったが、増体が良い傾向が見られた。
研究分担川南支場養鶏科
予算区分県単
業績(1)みやざき地頭鶏種鶏群の改良
(2)メチオニン添加による「みやざき地頭鶏」の夏季生産効率改善試験
(3)発育関連遺伝子を指標とした地頭鶏の選抜試験(第1報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211134
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat