間伐材等林地残材のシロアリによる劣化促進に関する研究

間伐材等林地残材のシロアリによる劣化促進に関する研究

県名宮崎県
研究機関名宮崎県木材利用技術センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜27
年度2013
概要目的:人工林内の放置材が早期に腐朽するよう、シロアリ誘引物質の探索と実証を行う。
、成果:ハイドロキシアパタイト処理区で食害が増大する傾向が見られた。
研究分担材料開発部
予算区分県単
業績(1)間伐材等林地残材のシロアリによる劣化促進
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211185
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat