持続的な飼料用稲栽培技術の開発

持続的な飼料用稲栽培技術の開発

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2013
概要飼料自給率向上を図るため,環境部門と栽培部門が一体となり,家畜糞堆肥を主体とする持続的な土壌養分管理技術の開発と,早期・普通期栽培水稲における多収型飼料用稲の選定および低コスト多収栽培技術の開発を行う。
研究分担生産環境部・園芸作物部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)豚ぷん堆肥,鶏ふん堆肥の酸性デタージェント可溶性窒素量による一酸化二窒素発生量の評価
(2)生産現場で実施可能な畑土壌可給態窒素の簡易評価法の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211242
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat