官能評価を指標とした青果物の品質評価技術開発 、

官能評価を指標とした青果物の品質評価技術開発 、

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-26
年度2013
概要アーウィンは収穫後3〜7日目に食べ頃となり、味と果汁a値、果肉硬度、酸度は高い相関を示すことを明らかにした。また、アーウィンの食べ頃は、近赤外分光分析装置を用いて680,710nm前後の2次微分スペクトル値を調べることで推定できることが示唆された。
研究分担農業システム開発班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211375
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat