サトウキビ早期収穫化に向けた優良品種育成と新しい栽培体系の構築 、(夏植え型1年栽培を取り入れた新しい栽培体系:夏植え型1年栽培に向けた施肥基準の策定)

サトウキビ早期収穫化に向けた優良品種育成と新しい栽培体系の構築 、(夏植え型1年栽培を取り入れた新しい栽培体系:夏植え型1年栽培に向けた施肥基準の策定)

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要収穫の早期化をとおした安定多収、省力・機械化、低コスト化を実現するために、夏植え型1年栽培を取り入れた栽培体系を構築する。そのために、夏植え型1年栽培に向け、生産地域の主要な土壌における適正な施肥時期、量を明らかにする。基肥としては慣行施肥の半量でよいことが示唆された。
研究分担土壌環境班 
予算区分受託
、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211429
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat