温暖な気候を活かしたそば春まき栽培の生産技術確立と産地形成  、4.春まきそばの品質評価、製品開発と南西諸島への導入効果 、(4)沖縄県における「そば」栽培の展開・定着の解明 、ア.沖縄県におけるそばの播種期と収量 、1)秋播種における播種期の前進が生育および収量に及ぼす影響

温暖な気候を活かしたそば春まき栽培の生産技術確立と産地形成  、4.春まきそばの品質評価、製品開発と南西諸島への導入効果 、(4)沖縄県における「そば」栽培の展開・定着の解明 、ア.沖縄県におけるそばの播種期と収量 、1)秋播種における播種期の前進が生育および収量に及ぼす影響

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜25
年度2013
概要沖縄のそば栽培において、秋の播種期を12月中旬から10月下旬に前進させることで収量が増加する。
、比較的天候の安定した時期に播種を行う秋播種体系は湿害が問題となる国頭マージ土壌主体の大宜味村等で収量が見込める作型である。今後は秋播種に適応した品種の導入が必要になると考えられる。
研究分担名護支所作物園芸班
予算区分受託
、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211457
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat