秋冬期温暖化条件下での茶の減収要因解明と安定生産技術の開発  、2.秋冬期高気温条件での安定生産技術の開発 、(1)鉢植え茶樹におけるジベレリン処理が一番茶新芽生育に及ぼす影響

秋冬期温暖化条件下での茶の減収要因解明と安定生産技術の開発  、2.秋冬期高気温条件での安定生産技術の開発 、(1)鉢植え茶樹におけるジベレリン処理が一番茶新芽生育に及ぼす影響

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2013
概要鉢植え茶樹に秋整枝直後から3回100ppmのジべレリン散布を行ったところ、‘静-印雑131’では新芽総重が増加した。‘ゆたかみどり、やぶきた、さやまかおり’では新芽数の増加は認められるものの、新芽総重は減少した。
研究分担名護支所作物園芸班
予算区分受託
、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030211464
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat